【青葉賞2020】青葉賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は青葉賞の予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

青葉賞と言えば、アドミラブルで夢を見させてもらいましたね~!ミルコがもう少し楽な競馬をさせれば本番やその後も可能性あったかなと思ってしまうレースでしたが、やはりダービーはそれでも究極の仕上げで挑まないといけないので、ここでの気の緩みが許されないレースなんだなとおのレースで改めて実感しました。

今週は土曜日に青葉賞、日曜日に天皇賞春と中々いい感じに落ち着いて予想できるので楽しんで競馬したいですね。天皇賞春は既に下記ブログにて傾向分析し、天皇賞春が2013年以降どのようなレースになっており、どういう馬が再現性をもって馬券になるのかを明確に解析しておりますので是非ご高覧頂ければと思います。

天皇賞春を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

上記の傾向に沿って、2020年天皇賞春を本気で分析した結果は、Youtubeで配信しておりますので是非ご視聴頂ければと思います。

チャンネル登録はこちら

それでは青葉賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことをどうぞ!

【PR】競馬の大根おろし × BEST BUY検討委員会

K-BA LIFEが2020年もっとも力を入れているのが”BEST BUY検討委員会”。

この検討委員会の中で、競馬の大根おろし様とのコラボ企画である”一日一善”を配信しております。記念すべき企画では高松宮記念の後の最終レースでパイセンと大根おろし様の本命馬が被ったのでそのレースにBETしたら・・・

ヴィクトリィ~でしたね。大阪杯の週も3人の予想で1着、2着、3着と完璧な予想でした。ただし、賭けた複勝が私のセンスの無さにより、来週は全コロになります。まったりとした大根おろし様との馬券企画についても、皆様の熱いご参加をお待ちしたいと思います!

そして、BEST BUY検討委員会ってなんやねん。って思われた方は下記にご紹介致します。

競馬を楽しみ、人生を楽しめる人々が集まり、本気の勝負レースを全員で配信し、狂喜乱舞するという大人の社交の場です。全員の勝負レースが一致するMUST BUYを追い求め活動しております。 コンテンツは下記ですし、常にみなさまの需要に沿って活動しております。

私がBEST BUY検討委員会で紹介しているBEST BUYの回収率は2020年で、下記の通りで166%です。

直近で言えば、マイネルサーパスやディキシークイーンで4~5倍の単勝オッズにぶち込みを成功しておりますが、昨年も単勝回収率177%でしたので自分の実力はこれくらいかなという気はしておりますので、皆様とBEST BUY検討委員会でもっといろんな議論をしてレベルアップしたいなと考えております!熱い勝負レースを準備する段階から、全員で全力で取り組んでいます。競馬を本気でしたいという方や競馬仲間が欲しいという方は是非ご参加ください。最高の仲間が揃ってます。

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

青葉賞2020 特別登録馬

 

馬名
アイアンバローズオルフェーヴル
アピテソーロブラックタイド
アラタキングカメハメハ
エヒトルーラーシップ
オーソリティオルフェーヴル
コンドゥクシオンダイワメジャー
サーストンカイドーエピファネイア
サトノフウジンディープインパクト
ダノンセレスタハーツクライ
ディアスティマディープインパクト
ディアマンミノルオルフェーヴル
フィリオアレグロディープインパクト
フィロロッソハービンジャー
フライライクバードスクリーンヒーロー
ブルーミングスカイディープインパクト
プリマヴィスタハーツクライ
メイショウボサツエピファネイア
レアリザトゥールスクリーンヒーロー
ロールオブサンダーエピファネイア
ヴァルコスノヴェリスト

青葉賞2020 外厩情報

現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された青葉賞や天皇賞春の出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

青葉賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

青葉賞はダービーよりもスタミナが問われる舞台

青葉賞はダービーと同距離で開催されるトライアルレースです。このレースをステップにして、ダービーに参戦して勝利した馬はいません。過去、先述のアドミラブル、フェノーメノ、ペルーサ、ウインバリアシオンでもダービーを勝てませんでした。この理由をラップ的な観点で検討します。

青葉賞の過去10年のラップがこちらです。

全体的にはダービーラップと同様に前半緩み、前半4ハロンが遅く、47秒後半から50秒まで時計がかかるような遅さです。青葉賞の特徴としては前半1000mが遅いことでしょう。

 

日本ダービーのラップは、上記と比較して全体的に時計が早いということもありますが、さらに付け加えると青葉賞と比較して上がり3ハロンに重点を置いたラップになります。ダービーと比較しての青葉賞は、前半緩んで進み、残り800m〜600mのラップが総じて速く、800mのロングスパート戦になっていることがわかります。改めてレースラップを見るとアドミラブルのレースがいかに怪物級であったかがよくわかるレースでしたね。

話をダービーと青葉賞に戻して、下記にダービーと青葉賞の過去10年ラップの比較をします。

上表の通りで、ダービーでは全体的に時計が速く、前半1000mからも流れており、緩む瞬間が少ないながらも上り3ハロン勝負に徹しておりますが、青葉賞では前半が緩む為、4~5ハロンのラストスパートになる持続力勝負戦になります。そういう意味でも青葉賞で求められるのは、ダービーの瞬発力というよりも持続力なのだと考えることができます。

その為、青葉賞では、ダービー以上に”スタミナ”を求められるレースになります。

ダービーよりも持続力が求められるレースであり、これまでの番組で少ない2200m以上のレースで好成績を残している馬が好走を続けております。

2015年 レーヴミストラル、タンタアレグリア、ヴァラヴァルスター

2016年 ヴァンキッシュラン、レッドエルディスト、レーヴァテイン

2017年 アドミラブル、アドマイヤウイナー

2018年 エタリオウ、スーパーフェザー

2019年 リオンリオン

このように、過去5年で15頭の馬券になった馬の中で11頭が2200m以上の距離で好成績を残すようなスタミナが求められるレースになります。ダービーについては緩む分、マイルカップ好走馬が好走することもあるように高いスピードの能力やキレを求められますが、青葉賞は2200m以上の距離を3歳馬で走れるスタミナや持続力が求められるレースになります。

皐月賞狙いではなかった馬をローテーションから見抜く

この青葉賞は、皐月賞に間に合わなかったので、ダービーに参戦するという馬やスピードを求められる皐月賞に最初から適性がないと割り切って阪神や中京の長い距離のローテーションを意図的に使っている馬の好走例が多いです。皐月賞を狙おうとするとどうしても番組構成上、中山の2000mや1800mといったレースが中距離路線の中心ですし、東京2400mの大箱とは少し適性が異なります。

少しでも長いところで走らせ、ダービー出走に賭けるローテーションでわかりやすいのは、アザレア賞、ゆきやなぎ賞、大寒桜賞の3つのレース。

これらのレースはこの時期の3歳戦にしては珍しく2200m以上のレースであり、特にアザレア賞とゆきやなぎ賞に関しては阪神2400mという菊花賞にも通ずるレースです。前走これらのレースをステップに青葉賞を進む馬は、過去5年においても、下記活躍馬多数です。

2015年

1着 レーヴミストラル(前走アザレア賞1着

2着 タンタアレグリア(前走大寒桜賞1着

3着 ヴェラヴァルスター(前走ゆりかもめ賞1着

2016年

1着 ヴァンキッシュラン(前走アザレア賞1着

2着 レッドエルディスト(前走大寒桜賞1着

2017年

1着 アドミラブル(前走アザレア賞1着

3着アドマイヤウィナー(前走大寒桜賞1着

2018年

2着 エタリオウ(前走ゆきやなぎ賞2着

3着 スーパーフェザー(前走アザレア賞1着

2019年

1着リオンリオン(前走大寒桜賞1着

上記の通りで、この3レースについては重要であることがわかります。やはり若いうちから長距離適性を見込まれる馬には短い距離を走らせてかかるリスクを負いたくないので、こういうローテーションになることが多いのだと思われます。青葉賞は前半緩むでそういう馬の育て方をされた馬が多く出走する青葉賞はなおさら緩みますし、逆にダービーにいくとその流れの差に戸惑い、これまで青葉賞馬は一度たりとも日本ダービーに勝てていないのでしょう。

ダービーよりも重めの血統を狙うべし

このレースは、ダービーよりも1ハロン長いスパートが必要になるレースである為、ダービーよりも重い血統がよくきますし、これまでのローテーションからも長い距離を狙ってきたような馬が多いので、重めの血統が多いです。

ダービーといえばここ数年ディープインパクト産駒かキングカメハメハ産駒ばかりがくるレースですが、青葉賞に関していえば、当然リーディングサイアーの両種牡馬がよくきますが、欧州スタミナ系の血統がよくくることで有名です。

例えば、ショウナンラグーン、タンタアレグリア、レッドエルディスト、ベストアプローチ、アドマイヤウィナー等ダービーでは好走ができなかった馬がしっかりと好走できるレースでもあります。究極の上がり3ハロンが求められないので、スタミナ寄りの血統の馬に注意が必要ということが考えられます。

注目の血統は、トニービンとサドラーズウェルズ持ちになります。トニービンは4ハロンの持続力勝負に滅法強いので相性がいいでしょうし、前半が緩み、5ハロンスパートになるようなレースですとサドラーズウェルズも馬券になりやすいです。

2019年は1~3着馬がトニービン持ちで、2018年は1着ゴーフォザサミットがトニービン持ち、2015年のヴェラヴァルスターがトニービン持ちの好走馬であり、2016年1着ヴァンキッシュラン、2017年1着アドミラブル、2着ベストアプローチ、3着アドマイヤアプローチがサドラーズウェルズ持ちでしたので、ディープ産駒やキングマンボ系だけではなく、トニービンとサドラーズウェルズ持ちに注目してみましょう。

青葉賞2020 予想

青葉賞を予想する前に絶対に知っておきたいことは下記です。

・2200m以上の距離実績

・前走はゆきやなぎ賞、アザレア賞、大寒桜賞の3つがいい

・トニービンあるいはサドラーズウェルズに注目

これらを考慮して、予想したいと思います。2つ目の注目ローテーションであるゆきやなぎ賞、アザレア賞、大寒桜賞組から選定しましょう。

・アイアンバローズ

・ディアティスマ

・フライライクバード

・メイショウボサツ

・ヴァルコス

上記5頭が該当します。上記の中でも注目血統持ちをピックアップするとトニービンあるいはサドラーズウェルズ持ちはメイショウボサツのみ。

メイショウボサツは、未勝利戦勝ち抜きに6戦を必要とし、弥生賞10着後に大寒桜賞に進み、上り最速で勝利。西園厩舎は使ってよくなる育て方をするのでここでも面白そうですね。

【PR】高配当XX

◎買い方が競馬界のボンバーマン!
◎天皇賞週の軍資金稼ぎはココです!
━━━━━━━━━━━━━━━━
3月無料情報84万、伝説の一撃。
4/18今度は21万獲得
情報源「馬主席のオフレコ」
※前日夜無料公開、これが凄いんです。
━━━━━━━━━━━━━━━━
4/18(土)中山7R計212,800円的中
ワイド3点的中◎ 12.6/38.6/21.8倍
馬連38.1倍◎3連複314.7倍◎15万!
各500円ずつの推奨→回収率552%
最低人気だったハイチーズを見事推奨! 掛け方がエグい。点数多いがきたら爆裂。競馬界のボンバーマンですね。 爆弾35個がドーンみたいな(笑)
━━━━━━━━━━━━━━━━

※左21万、右84万の無料情報的中
━━━━━━━━━━━━━━━━
3/14(土)中山4R 合計849,450円獲得! ワイド3点/馬連的中3連複1082.9倍も! この時も15人気1着の穴馬を推奨! 3月はもう完全伝説でしたね。 馬主席のオフレコ・・いいんですかね?!無料で見れて。。。天皇賞週の土日無料公開は絶対チェックしておいた方がいい予想さんです。気になる方はこちら↓

馬主席のオフレコ情報
→「馬主席のオフレコ」情報
無料メルマガ購読だけで見れるんです。お金かかりません。まずはご安心を!

K-BA LIFEの新聞 ”ベスハメ” BEST BUY×ハメ倒し=最強!?

2020年、K-BA LIFEでは、新企画”BESTハメ倒しんぶん”、略して、ベスハメを開始することをご報告申し上げます。

ベスハメでは、これまでFINAL BEST BUYとして配信していた中の人の最終勝負レースに加えて、先月より新馬戦で大爆発中の帯男パイセンが繰り出す最終レースの”ハメ倒し”を配信します!

8月8日より開始しており、8月実績は嘘偽りなく下記の通り!

【ベスハメLINE版8月成績】
最終Rのみ15頭配信して5勝で単勝回収率は483%!パイセンの破壊力w

8/8札幌◎フィルムフェスト14.5倍

8/16札幌◎サマーエモーション1.9倍

8/22新潟◎グルファクシー17.5倍

8/22小倉◎ファビュラスギフト27.3倍

8/30札幌◎アラスカ 4.7倍

その他にも地方交流重賞や海外重賞の予想も配信しており、9月の東京記念でもしっかり3人気◎サウンドトゥルーを的中!

パイセンの〇〇はマジで・・・といった一言コラムもありますので是非、ベスハメを宜しくお願い致します!LINEを使われている方は全員確認可能です!下記より、友達登録をお願い致します!

LINE登録はこちら!

さらにLINEで配信しているベスハメは最終レースだけですが、ベスハメ完全版では1日全レースの中で最も自信の勝負レースである”BEST BUY”やパイセンのハメ倒し競馬-THE BEST-を配信ます!

BEST BUYの夏競馬終了時点での年間単勝回収率は下記です。

18-10-4-40という成績であることからも好オッズで尚且つ4回に1回程度は頭で来ていますので、私自身も自信をもって勝負できております。

BEST BUYを配信している”ベスハメ”についてはBEST BUY検討委員会のメンバーは無料で見ることができますので、是非ご入会くださいませ!

ベスハメ完全版を配信しているBEST BUY検討委員会は単純な予想配信だけではなく、各種オンラインサロン機能も有しておりますので様々なイベントを実施中です!

★BEST BUY検討委員会について

①BEST BUY検討委員会

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。

②エンターテイメント活動

他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を上記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

これまでもごめん4着Tシャツ企画、大根おろし様との一日一善、一か月〇万円生活等多数の分科会もあります。

③競馬の復習部屋

全員で競馬を回顧して、次に狙える馬をしっかりと復習して、次走出走時にはオーナーからリマインドするように仕組み化しております。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動ですので、本気で競馬を人生の一部にしたいという方は是非、週末一緒に楽しみましょう!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

今週の外厩情報~外厩情報無しに馬券は語れない~

現代競馬と一昔前の競馬との違いは、”外厩”であることは間違いなく、この情報なく馬券は買えない!?

トレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。外厩情報や社台系ヤリなど幅広い情報を無料で入手できますのでおススメです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、社台軍団の本音にアクセス 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

外厩情報を入手するにはこちらから↓↓

外厩情報はこちら