【青葉賞2019】青葉賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

青葉賞の予想記事になります。

天皇賞・春ウィークですし、GWの初日ということで青葉賞の予想を紹介致します。青葉賞といえばアドミラブルが大好きで、アドミラブルのことを思い出してしまうのは私だけでしょうか。また1年程度かかりそうな怪我をしておそらくもう復帰は厳しいと思いますが、あの強さをもう一度みたいと思いました。POG本で震えるほどの衝撃を受けて、1位指名したくらい好きだったのですが、惜しいですね。

話が脱線しましたが、青葉賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

天皇賞・春については、すでにブログでアップ済みですので、下記をご参照ください。

【PR】大根おろし様とのコラボ動画

青葉賞2019 特別登録馬

注目は、重賞でも好走しておりますウーリリ、ランフォザローゼスでしょうか。ダービー出走を賭けた混戦必須のレースなので予想しがいがあります。

 

馬名
アドマイヤスコールディープブリランテ
アルママオルフェーヴル
ウーリリディープインパクト
カウディーリョキングカメハメハ
キタサンバルカンルーラーシップ
サトノラディウスディープインパクト
セントウルハーツクライ
タイセイモナークルーラーシップ
ディバインフォースワークフォース
トーセンカンビーナディープインパクト
バラックパリンカノヴェリスト
ピースワンパラディジャングルポケット
ピンシェルルーラーシップ
マコトジュズマルハービンジャー
ランフォザローゼスキングカメハメハ
リオンリオンルーラーシップ

青葉賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

ラスト4ハロンの末脚に注目

青葉賞はダービーと同距離で開催されるトライアルレースです。

このレースをステップにして、ダービーに参戦して勝利した馬はいません。過去、先述のアドミラブル、フェノーメノ、ペルーサ、ウインバリアシオンでもダービーを勝てませんでした。この理由をラップ的な観点で検討します。

青葉賞の過去10年のラップがこちらです。

全体的にはダービーラップと同様に前半緩み、中間でもペースが落ちて、ラスト3ハロンが速くなるというのが全体的なペースです。

日本ダービーのラップは、上記と比較して全体的に時計が早いということもありますが、さらに付け加えると青葉賞と比較して上がり3ハロンに重点を置いたラップになります。

もう少し突っ込んでみると青葉賞では、残り800m〜600mのラップが総じて速く、800mのロングスパート戦になっていることがわかります。

そういう意味でも青葉賞で求められるのは、ダービーの瞬発力というよりも持続力なのだと考えることができます。

2200m以上の距離で好走馬を狙うべし

ダービーよりも持続力が求められるレースであり、これまでの番組で少ない2200m以上のレースで好成績を残している馬が好走を続けております。

2014年 ショウナンラグーン、ワールドインパクト、ヤマノウィザード

2015年 レーヴミストラル、タンタアレグリア、ヴァラヴァルスター

2016年 ヴァンキッシュラン、レッドエルディスト、レーヴァテイン

2017年 アドミラブル、アドマイヤウイナー

2018年 エタリオウ、スーパーフェザー

このように、過去5年で15頭の馬券になった馬の中で13頭が2200m以上の距離で好成績を残すようなスタミナが求められるレースになります。ダービーについては緩む分、マイルカップ好走馬が好走することもあるように高いスピードの能力やキレを求められますが、青葉賞は2200m以上の距離を3歳馬で走れるスタミナや持続力が求められるレースになります。

ダービーよりも重めの血統を狙うべし

このレースは、ダービーよりも1ハロン長いスパートが必要になるレースである為、ダービーよりも重い血統がよくきます。

ダービーといえばここ数年ディープインパクト産駒かキングカメハメハ産駒ばかりがくるレースですが、青葉賞に関していえば、当然リーディングサイアーの両種牡馬がよくきますが、欧州スタミナ系の血統がよくくることで有名です。

例えば、ショウナンラグーン、タンタアレグリア、レッドエルディスト、ベストアプローチ、アドマイヤウィナー等ダービーでは好走ができなかった馬がしっかりと好走できるレースでもあります。

究極の上がり3ハロンが求められないので、スタミナ寄りの血統の馬に注意が必要ということが考えられます。

青葉賞 事前予想

まずこのレースは、ダービーよりもスタミナや持続力が必要なレースなので、ローテーションとして2200m以上を連対している馬をピックアップしたいと考えます。

・アドマイヤスコール

・カウディーリョ

・キタサンバルカン

・サトノラディウス

・タイセイモナーク

・ディバインフォース

・ピンシェル

・マコトジュズマル

・リオンリオン

これで人気のウーリリとランフォザローゼスは切れましたねw未勝利や新馬の場合、ラップがゆるく求められる資質がない可能性が高いの、さらに500万以上のクラスで連対した馬を注力します。

・アドマイヤスコール

・カウディーリョ

・キタサンバルカン

・サトノラディウス

・タイセイモナーク

・マコトジュズマル

・リオンリオン

上記の7頭から血統的にも適正ある欧州スタミナ系の血統に注目したいと思います。

・アドマイヤスコール

・キタサンバルカン

・サトノラディウス

・タイセイモナーク

上記4頭がサドラーズウェルズ等の血統を持つ注目馬になります。中でも前走は道悪でもしっかりと伸びて好走したサトノラディウスは青葉賞に適正を感じる一頭ですので注目したいと考えております。

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!