【回顧】菊花賞2016【サトノダイヤモンド優勝おめでとう】

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

菊花賞の回顧をします。

 

今年は、現地で菊花賞を見てきました。秋華賞と比較しても有力馬が揃ったレースでもあり、非常に熱気のある素晴らしい雰囲気でした。

京都競馬場で最もお祭りっぽいレースは、菊花賞だと思います。

馬パーカーやフチコキャンペーン等も競馬以外のところで、楽しいイベントがありましたので、お祭り感がありました。

 

では、今年の菊花賞を回顧したいと思います。

 

レースとしては、ミライヘノツバサが引っ張り、アグネスフォルテが突っつく展開。

ペースとしては、平均ラップが12.2秒で、最初の通過タイムは59.9秒。

そこまでゆるまったレースではありませんでした。

各ラップを見ても、7F目と8F目が13.6、13.2と非常に緩みましたが、そこからシュペルミエール等が捲り上げてきて速くなっていました。上がりとしては、最後の3Fは、11.6-11.5-11.6と長距離レースとしては速い上がりの勝負でした。

テンノ3Fと上がりの3Fが速い中緩みラップのレースですので、強い馬が台頭するような展開であったと言えます。

 

各ラップ

13.0-11.3-11.0-12.4-12.2-12.7-13.6-13.2-12.3-12.7-12.2-12.0-11.6-11.5-11.6

 

各馬総論

まずは、サトノダイヤモンドが強かったです。ルメール騎手もそつのない競馬をして、馬も直線はふわふわしながらでも突き放すなんとも言えない奥の深さを感じる強さでした。ポイントは、4コーナーでしょう。ディーマジェスティが外からかぶせようとしてきたところをひと押しすると反応して、ディーマジェスティに被せられる前に抜け出し、あとはいつも通りの競馬でした。

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン

数字としても上がり3F34.1と最速タイムでした。こんなセンスのある馬はなかなかいないので久しぶりに興奮しました。来年のG1はほとんどサトノダイヤモンドが持って行きそうな感じがします。まだまだ成長しますこの馬。

 

2着には、レインボーライン。予想でもレインボーラインは、ディーマジェスティが前を潰す展開になれば面白いとしていましたが、福永騎手が最高の競馬をしてくれました。ディーマジェスティとサトノダイヤモンドを見ながらの競馬はこれ以上ない100点満点の競馬でした。やはり福永騎手はうまいですね。

 

3着は、武豊騎乗のエアスピネル。武豊が距離は持つし、普通の世代ならダービー馬発言した馬だけあって強いです。

しかし、何と言っても今回3着に来れたのは、武豊騎手の好騎乗と、神戸新聞杯での抑えた競馬を経験させたことですね。

あの神戸新聞杯があったからこそこの菊花賞でも最高のポジションでゆっくりと競馬することができました。武豊が育てた馬は、素質以上に走っていると思います。

 

本命のディーマジェスティは、終始外を回しすぎたのが影響しました。もう少し道中は内で脚を溜めて欲しかったです。

他にもカフジプリンセスは、面白いくらい内で詰まっていましたし、前走の課題点を克服できていなかったです。

シュペルミエールは道中脚を使っていたのにもかかわらずよく6着まできていました。次走注目します。

ウムブルフは、馬の力が足りませんでしたが、浜中騎手の運びは上手でした。

 

そんなこんなで、今年の菊花賞は本当に面白いレースでした。来年もどんな馬が出るかわかりませんが、非常に楽しみです。

 

絶対に現地行きます!