【NHKマイルカップ2020】最終予想&異常投票パトロール

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はNHKマイルカップ・新潟大賞典の最終予想と異常投票パトロールを紹介致します。

NHKマイルカップは枠順も出て、展開面も非常にわかりやすいので、理屈立ててしっかりと予想しました。このレースは2強+無敗馬で荒れないという方は、去年のグランアレグリアが破れた理由をしっかりと考えたほうがいいですよね。京都新聞杯もアドマイヤビルゴが吹き飛ぶようにこの時期の3歳馬は何が起こるかわからないですから、自分の自制を兼ねて1人気だからとか強いから買うとかを辞めようと思いました。(◎ファルコニアの単勝と対抗アドマイヤビルゴとの馬連でかすりもしなかったですがw)

NHKマイルカップについては、私も心のどこかで2強+無敗馬で決まると思っていますが、性格が曲がっているのか、穴から攻めてみました。ただ、理由のない直勘ではなく、きっちりと購入できる根拠を持った上での選定なので個人的には楽しみです。土曜競馬を見ましたが、東京10Rのウラヌスチャームを見てもどうも逃げ・先行が残っているような感じもしますから、本命馬にとってもいい馬場なのかなって思います。

今週も1か月3万円馬券生活継続しておりますので、BEST BUYをしっかりと検討し、1日の馬券戦略を予算をベースに組み、そして勝負度合いに応じてレート決定し、実践していきたいと思います。日曜日のBEST BUYはマイルカップよりも楽しみな1頭が出走しますのでその馬と全力勝負予定です。重賞予想とBEST BUY共にもっと成績向上できるように努力致します。

*5月3日終了時点の成績

大根おろし様との一日一善企画も現在5万円まで複勝で徳を積んでおりますので、目標の10万円までコツコツと積んでいきたいなと思います。

1か月3万円馬券生活、BEST BUY、一日一善企画はBEST BUY検討委員会で公表中ですので興味があるという方は是非!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

それでは、NHKマイルカップの最終予想をどうぞ!

NHKマイルカップ2020 最終予想

NHKマイルカップ 予想

NHKマイルカップは、絶対に知っておきたい3つのことですでに詳細を説明しておりますが、下記3点が予想ポイントとなります。

・持続力勝負となったマイル重賞実績馬

・1800m以上の距離実績馬

・米国ノーザンダンサー系のヴァイスリージェント系とストームバード系

上記の要素が再現性あるデータになっている理由としては、東京1600mが直線がG1開催される競馬場の中でも最も長い競馬場でありながらも、クラシックに進まない馬たちのこれまでのローテーションが1200~1400mの舞台が多く、そういう舞台で賞金加算してきた馬が多数このNHKマイルカップに出走することからもレースとしては、前半5ハロン58秒で全体時計が1分32秒台と非常に速い時計になることが大きな要因です。このように前半流れるレースになるからこそ”持続力”が求められるレースとなり、これまでも重賞級のマイルレースで持続力勝負になったときに好走した馬や1800m以上の中距離実績馬が好走をしたりします。そのような流れや適性が必要であるので、高速時計の持続力勝負に強い米国系ノーザンダンサーのヴァイスリージェント系やストームバード系の血統がとにかく馬券になります。

これらを考慮した上で、今年の出走馬を見るとハイペースメーカーのレシステンシアがいますので間違いなく例年と同様のレースである持続力勝負戦になるでしょう。レシステンシアは、チューリップ賞で控える競馬しましたが、完全に切れ負けをしていたので、この馬の大得意な他の馬の体力を削る逃げを意識するでしょう。レシステンシアに加えて、ラウダシオン、プリンスリターン、ほかにも多数の先行馬がいることから緩いレースになるとは想定できません。そのようなレースの流れになると、繰り返しになりますが、下記が信頼性を持ちます。

・持続力勝負となったマイル重賞実績馬

・1800m以上の距離実績馬

・米国ノーザンダンサー系のヴァイスリージェント系とストームバード系

上記を考慮した上で、すべてに合致した唯一の本命馬は、Youtube競馬番組”そうだ 競馬しよう”で紹介中です。

◎Youtubeで紹介中(こちらをクリック)

去年は似たような予想でカテドラル重視の予想をしましたが、本命馬は穴馬で勝負!

鞍上はBESTBUY検討委員会でも私がスーパースターと連呼しているあの騎手。先週も大仕事をやってくれて的中馬券を与えてくれました。前走のマイル重賞レースでは、34秒1-36.7の非常に上りのかかるタフな持続力勝負戦になり、普段の先行策とは異なり出負けし、そして勝ち馬が最内を突き抜けたレースの中で、3コーナーから終始外々を回り、ほかの馬が止まる展開の中でも最後まで差を詰めておりました。このタフな持続力勝負で、最後まで脚を伸ばし続けた内容は評価できるでしょう。また、1800m以上の実績もあり、未勝利ー1勝クラスと連勝しておりますし、1勝クラスでは、次戦に勝ち上がるソフトフルートとショウナンナデシコ相手に0秒4差と圧勝。上りとしても33秒前半の末脚を過去何度も繰り出していることからも、今の高速競馬になる東京競馬は全く問題なし。先行できれば重賞級相手でも勝負できたことは脚を余した前走で把握できたでしょうし、今回は好位を狙った騎乗をしてくれるでしょう。血統的にも父は好走血統で勝ち馬多数輩出しているヴァイスリージェント系で、母父も勝ち馬トップのダイワメジャー。母系にはヴィクトワールピサ、アサクサデンエン、ローヴディサージュといったG1馬が勢ぞろいした一流牝系で、大穴でもやってくれるでしょう。

〇サトノインプレッサ

対抗には前日200万円の投票があり、話題になったサトノインプレッサ。

ルフトシュトロームと同じ無敗の重賞馬であるサトノインプレッサを送り出すのが矢作厩舎。これもコントレイルvsサリオスの再戦のような位置づけで盛り上がりますね~!母サプレザは欧州の名品であり、日本のマイルCSでも3,4,3着と崩れない走りを見せてくれた馬で有名ですよね。その息子らしくデビューしてから3戦はすべて渋った馬場で勝利なので欧州系の血統の強さが出ているように思いますが、あの末脚を見ると良馬場ではもっとキレそうな感じもしますが、こればかりは走ってみないとわからないです。

さてそれでは、戦歴を分析してみましょう。

まず持続力勝負になったマイル戦についてですが、新馬からここ3戦や重い馬場でのレースであり、非常に判断が難しいのですが、京都の新馬戦はスタート後の1ハロン以降は緩み知らずで極端な後傾ラップでもありませんでした。2戦目こそ少頭数レースで緩んだ後傾ラップレースになりましたが、負かした相手はアーリントンカップ2着のギルテッドミラー。持続力勝負に加えて、緩んだ瞬発力勝負でも、差し切る内容は評価したいです。

そしてこの馬の評価を一気にあげたのが毎日杯ですね。1800m重賞でNHKマイルカップ好走馬もここをステップにして参戦することが増えているのですが、重馬場で35.4-36.2と上りのかかる持続力勝負になりましたが、前半5Fは59.6という時計でしたのでタフな展開であったことは間違いないでしょう。そのような展開の中で、上り3ハロンは2位の馬と比較して0秒4速く、レースラップと比較すると0秒9速いので1頭だけ桁違いの末脚で勝利したことになります。相手も重賞で2着が続いていたアルジャンナでしたし、そんなに弱い相手でもありませんので、この馬の実力を証明したといえるでしょう。血統的にはサプレザの子供なので、欧州系の色が強く好走血統とは少し離れているのが気になるところではありますが、母はマイルCSでも3着経験あり、日本競馬適性もあった馬なのでマイル重賞の適性は高い1頭ですね。

▲レシステンシア

初の東京遠征、左回り、牡馬との対戦ということで不安もありますが、それでも前走桜花賞は前半3ハロン34秒9という速い流れで先行策して2着と非常に強い競馬。やはり自分の形にもっていけば相当強いです。

世代のレベル的に考えても、クラシック路線を進んだサリオス・コントレイル以外の牡馬は、ほかのローテーションを見ても少しだけ物足りないのも間違いありません。実際に、シンザン記念、ファルコンステークスといった短距離路線では牝馬が勝利しており、ニュージーランドトロフィーも牝馬が2着ということでこのマイル路線に関しては、牡馬よりも牝馬優勢と考えるのが必然です。その牝馬のマイル路線でも圧倒的な走りで阪神JFを勝利したのがレシステンシア。自分で作った逃げた時計で阪神JFでレコード、上り最速と朝日杯FSのサリオスよりも速い時計だったことを考えると、良馬場の高速時計で走れば3歳マイルでは敵なしのようにも思えます。ただし、NHKマイルカップはそのような牝馬であったグランアレグリアが昨年敗れたこともあるので、そんなに簡単なレースではありません。メジャーエンブレムやアエロリットになれるのか、詳細分析をしていきたいと思います。

まずはNHKマイルカップでは持続力勝負になるので、持続力勝負になった重賞マイル実績が重要になるレースなので、このレシステンシアは、新馬、ファンタジーS、阪神JFとすべてが前傾ラップの持続力勝負戦に持ち込み、ほかの馬が伸びる要素を無くした逃げを打つ肉弾戦を得意とするタイプであり、近年のメジャーエンブレムやアエロリット、名馬級でいえばキタサンブラックのような逃げを打つタイプです。前走こそ重い馬場で最後は脚がありませんでしたが、良馬場になればなかなか止まらないのがこの馬です。

逆に緩んだ時には瞬発力がないので、脆いのはチューリップ賞でわかりました。前半遅くとも34秒台でレースを進めることがこの馬の能力発揮の絶対条件でしょう。そういう意味では今の東京競馬場は1勝クラスでも1分32秒台のG1級の時計が出るすさまじい高速時計。このレシステンシアは左回りこそ経験がありませんが、さすがに向きそうですね。NHKマイルカップで重要な1800mの実績はそもそも経験していないのですが、マイル実績で十分適性を示しているといえます。血統的にもこのレースで強いダイワメジャー産駒。米国系の血統こそありませんが、メジャーエンブレムと同様にサドラーズウェルズ持ちのダイワメジャー産駒であるので、十分好走血統といえそうです。

△タイセイビジョン

この馬もレシステンシアと同様に前掲ラップになり流れたほうがいいタイプです。というのも気性に難があり、緩むと暴走してしまいますので、最後にこの馬の武器である末脚を出すにはある程度折り合いが必要です。そういう意味でも前走のアーリントンカップは前半34秒1後半36秒7と極めて前傾のレースかつ、先行馬が残るような高速馬場であっても4コーナー9番手から差し切る強い内容。さらに馬場も悪くなっていてほかのレースでは伸びていなかった内で伸びていたところを見ると能力は2枚は上でした。やはり持続力が求められるレースになれば非常に強いですね。さらにレシステンシアと比較して、東京での京王杯で勝利実績があり、この内容がレコードであったことも考えると左回りのほうが得意な可能性もあります。レコード勝利の馬場を差し切る内容は非常に評価してもいいでしょう。

ただし、血統的にはタートルボウルにスペシャルウィークやエルコンドルパサーという血統であり欧州系の血統であり米国系なし。タートルボウル産駒はスプリント血統なので、1800m距離実績も求められるようなレースであるため、そこがどうかなという疑問があります。

血統的な点で、高速時計の東京マイルレースは正直どうかなという点もあり、この評価にしました。

注ウイングレイテスト

前走のNZTでは、34秒2-35秒4の前掲ラップで3着。このレースでは、直線入口で大外に振られる不利付きであり、もしあの不利がなければ間違いなく際どい勝負となっていたと考えます。さらに未勝利の勝ち上がりは1800mと中距離での実績もありますので、このメンバーでも重視が必要でしょう。ただし、血統的にはロベルトはこの高速時計の東京競馬場で開催されるNHKマイルカップでは相当厳しい戦いになっているので、ここまでの印としました。

異常投票パトロール

サトノインプレッサへの前日投票が光って見えますね。

馬名単勝複勝
タイセイビジョン24万

10万,10万

90万,50万

40万,60万

150万

レシステンシア

15万,10万

15万,10万

40万,10万

130万,170万

140万,60万

シャインガーネット 78万
サクセッション 34万
ルフトシュトローム30万

10万,10万

30万

サトノインプレッサ200万10万,10万

【PR】競馬の大根おろし × BEST BUY検討委員会

K-BA LIFEが2020年もっとも力を入れているのが”BEST BUY検討委員会”。

この検討委員会の中で、競馬の大根おろし様とのコラボ企画である”一日一善”を配信しております。記念すべき企画では高松宮記念の後の最終レースでパイセンと大根おろし様の本命馬が被ったのでそのレースにBETしたら・・・

ヴィクトリィ~でしたね。大根おろし様と先週相談したのは、スーパースター田中勝春騎手を本命にして、2.3倍の複勝を仕留めました!これで積んだ徳は5万円超。ここから一気に10万円勝負までもっていきたいですね!

そして、BEST BUY検討委員会ってなんやねん。って思われた方は下記にご紹介致します。

競馬を楽しみ、人生を楽しめる人々が集まり、本気の勝負レースを全員で配信し、狂喜乱舞するという大人の社交の場です。全員の勝負レースが一致するMUST BUYを追い求め活動しております。 コンテンツは下記ですし、常にみなさまの需要に沿って活動しております。

私がBEST BUY検討委員会で紹介しているBEST BUYの回収率は2020年で、下記の通りで173%です。毎週厳選1鞍BEST BUYで3週連続的中しており、マイネルサーパス、ディキシークイーン、スパーダと全て5倍付近の馬を厳選しておりますので回収率はかなり安定しております。去年も年間通じて177%でしたので、考え方は間違っていないなと考えております。

皆様とBEST BUY検討委員会でもっといろんな議論をしてレベルアップしたいなと考えております!熱い勝負レースを準備する段階から、全員で全力で取り組んでいます。競馬を本気でしたいという方や競馬仲間が欲しいという方は是非ご参加ください。最高の仲間が揃ってます。

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

新潟大賞典2020 最終予想

新潟大賞典 傾向

京都・東京開催の中でローカル重賞のハンデ線なので、とにかく荒れるレースですよね。

つかみどころのないレースであり、ラップ的には前半3ハロンが緩む後継ラップになるレースです。

新潟外回りは600m以上の距離がありますので、後傾ラップの瞬発力勝負というよりは持続力が求められます。馬は600m以上の全速力ができませんので、新潟外回りで求められるのは実は持続力なんですよね。ブラストワンピースのようなタイプが新潟記念で勝ち切れるのも実は持続力があったからです。後傾ラップのレースで上り3ハロンの平均時計は、34秒5と33秒台を求められるような究極の瞬発力勝負ではありません。

下記に平均ラップをグラフ化しましたが、残り4ハロンから一気にペースがあがり、最後は1秒程度時計がかかっていることからも、持続力が求められることがわかります。

その為、持続力勝負になる京都内回り、福島、小倉といった大箱とは真逆のコース実績馬が非常に好走します。

2019年は、1着メートルダールが小倉と福島で好走実績あり、2着ミッキースワローが福島で好走実績あり、2018年は、スズカデヴィアスが福島と小倉で好走実績があり、2着のステイインシアトル阪神内回りで好走実績がありました。2017年の2着マイネルフロストも阪神内回りや福島といった持続力勝負を得意としておりました。そういう意味でもこのスパートが早くなる持続力勝負となる福島、小倉、阪神・京都の内回りコースで好走実績のある馬が印象とは裏腹に好走率が高いです。

そして血統としても注目は、後傾ラップの直線が長いレースなので、ディープインパクト産駒と言いたいところですが、持続力勝負になるので、グレイソヴリンとロベルトです。グレイソヴリン持ちは、過去3年でも1着、2着馬がグレイソヴリン持ちで、2018年も3着馬がグレイソヴリン持ちでしたし、ロベルト持ちという意味では、2017年のマイネルフロスト、メートルダールの2頭が馬券になっておりました。そういう意味でも注目していい血統といえるでしょう。

新潟大賞典 予想

上記を考慮した予想が下記です。荒れる想定です。

◎レッドガラン

持続力という意味ではこれまでの好走レースでは緩むことのないタフなレースになったときに好走していることからもこの舞台は絶好でしょう。逆に3ハロンの瞬発力勝負の時には負けていることからもこの舞台に合うはず。枠も絶好であり、血統的にも好走血統のロベルト持ち。面白い穴馬に思います。

〇エアウィンザー

久しぶりなのでこの印にしましたが、持続力勝負の舞台こそ。

▲ドゥオーモ

小倉大賞典での好走からも持続力勝負でこそ勝負できる馬ですので、この舞台であれば一発あっても。

△ギベオン

左回りで強い1頭なので、抑え必要でしょう。

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
インビジブルレイズ 

10万,10万

17万 

【PR】HORIZON



──────────────────── 
◎無料公開3連複情報→G1,三連続的中
・桜花賞5600円→50360円
・皐月賞5600円→36600円
・天皇賞5600円→67500円
検証画像)絶好調!無料3連複情報
前日夜無料公開あり!気になる方は↑
────────────────────

NHKマイルCの無料予想はこちら

本日の最終勝負レース”FINAL BEST BUY”

FINAL BEST BUYという重賞で負けたとしても取り返すための企画をLINEで実施しており、こちらは完全無料での配信となっております。

先週の土曜競馬は、福島最終レースの差し決着を完全に読み、◎ノーブルワークス4.9倍の一本釣りで、日曜競馬は逃げ・先行馬不在で展開緩むと想定し、前走ほかの先行馬が垂れて唯一先行勢で掲示板に残った◎トレイントレインが2着と好調を維持しております。

日曜日のFINAL BEST BUYは、やっと戻ってきた適性舞台と心の底から応援したいあの馬から勝負です。適性面は明らかですが番組構成上と狙いたいローテーションの都合で致し方ないのでしょうが、やっぱりこの馬はこの舞台でしょう。スマートフォンのLINEアプリで毎開催日AM10時に配信しますので是非ご登録をお願いいたします。

また、最終レース以外にも海外競馬や地方競馬の予想についてはこちらのLINEにて配信をしますので是非友達登録を頂ければと存じます。

異常投票パトロール

新潟8R ウインメルシー

AM3時8分に単勝10万円、複勝10万円の投票を発見!この時間に新潟8Rにぶち込みするとはかなり通ですね。

東京1R ディアコニア

19時30分の発売と同時に複勝50万円の投票あり、今朝になってからも単勝30万円、複勝50万円、40万円と大口投票が多数あります。朝一の資金稼ぎレースになっているのかも!?

東京2R ラグリマネスグラス

7時43分に複勝50万円、7時59分に複勝150万円とすさまじい金額が投票されております。さすが無観客。

以上です!

最終勝負レースコンテンツ”FINAL BEST BUY”