【JBCスプリント2020】最終予想&大井1200mの傾向分析

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はJBCスプリント2020の最終予想を紹介致します。

JBCスプリントについては、昨年御神訓騎手が藤田菜七子の初G1制覇を寸手のところで差し切り、少し話題になったレースですよね。

今年も同じ2名がいますし、何よりも右回りの大井競馬でのレースになるのでガチンコ勝負は間違いなし。

何より血統的にはダートで走れそうなモズスーパーフレアが出走することからもペースはすさまじいことになりそうですし、大井1200mは日本でも唯一の直線が長い1200m戦ですから傾向もしっかりと抑えておきたいですね。

また、JBCクラシックについては下記で既にアップしておりますので、そちらも宜しくお願い致します。

また、JBC2020はJBCスプリントやJBCクラシックだけでなく、JBCレディスクラシック及びJBC2歳優駿も開催されます。

こちらについては下記のLINEで配信中の”ベスハメ”で無料配信しますので、是非ご登録をお願い致します。

PR JBC2020買うなら楽天競馬

JBC2020を購入するなら即パットよりも楽天競馬をオススメします!その理由は、なんと言ってもポイントでしょう!特に楽天ポイントは、楽天市場で使えるお金のようなものですし、とにかくイベントが多いです。日替わりポイントキャンペーンで時々還元率5%なんていう日もあるくらいです!そいう意味でも即パットでポイントなく競馬するよりは、楽天競馬で競馬される方が同じオッズで競馬をしており、控除率20%や30%でのマイナスサムでのオッズゲームをしているのですから断然お得です。

特に、楽天競馬でJBC2020を購入すると単複以外の馬券であれば10%の還元を受けることができる凄まじい還元率です。まだ登録されていない方はこれを機に楽天競馬を登録するべきだと考えております。注意点は日替わりエントリーは絶対に登録してくださいね!

JBCスプリント2020 最終予想

大井1200mの傾向分析

大井競馬1200mは、スタートしてから最初のカーブまで500mもある1ターンのコースです。その為、外の馬が長い直線を使用して先行争いするため、ペースを上げてきます。1ターンのコースなので、前傾ラップの持続力勝負となります。こういうコースになると内枠の馬が包まれたくないのに包まれるリスクもありますので、出走馬の枠順も注意しながら予想したいですし、何がなんでも前にいかないといけない馬が内にいるとやはりペースが速くなります。

ポイントとしては、右回りの直線の長いスプリントレースは、この大井1200m以外に国内に存在していないことです。

大井1200mは外回りコースで直線も386mと非常に長いです。

この直線が長いのにも関わらず、大井1200mの交流重賞ではハイペースになりがちであり、差し馬の台頭が目立ちますし、距離短縮組にも注目が必要となります。

前傾ラップになると差し馬や距離短縮組に注目しましょう。

JBCスプリント2020 最終予想

上記の通りで今年の大井1200mは前傾ラップになるのかをまずは考えたいですね。

結論から言えば、相当流れると考えており、同じコースで開催された東京盃よりも馬場はフラットかつ前傾になると考えます。

というのも出走メンバーを見てみましょう。前に行く馬がてんこ盛りです。

・モズスーパーフレア

・ヒロシゲゴールド

・ノブワイルド

・サクセスエナジー

・マテラスカイ

上記5頭に関しては何がなんでも先行タイプですし、加えてミスターメロディのような先行馬も外枠にいますからとにかく速いと考えます。

そう考えると、狙いたいのは差し馬。

◎コパノキッキング

昨年御神訓騎手に初G1制覇を阻まれた藤田菜七子騎手がここでリベンジに燃える。

やはりコパノキッキングは昨年こそ先行競馬でしたが、元々は超のつく大外ぶん回しの差し馬。昨年くらいからセンスのある先行競馬ができるようになりましたが、この前でも後ろでも競馬のできる自在性が魅力。

前走の東京盃は今回のように流れるようなレースではないながらも、大外から差してきて3着は非常に優秀。今回も同じ競馬ができるのであれば、差し切りまでありそうです。

昨年は同舞台の東京盃で逃げて圧勝でしたから、持っている能力としては大井1200mの適性は非常に高いと見てます。

〇サクセスエナジー

今年完全に本格化したのがこのサクセスエナジー。

今年になって坂のないコースでは、オープン2勝、交流重賞のテレ玉杯オーバルスプリントも1着と充実度が全く昨年とは違います。

というのもこれまでは逃げ一辺倒でしたが、今年になって先行して控える競馬を覚えたのも素晴らしい。

また、前走のパフォーマンスはキャリアハイとも言えそうで、内が有利な流れを外々から動き、4コーナーでは先頭にたってからの圧勝。

前走からの距離短縮ローテーションはこの乱ペースになりそうなJBCスプリントでは非常に心強い。

ある程度の自在性を持ち、充実した今なら十分にG1でも勝負になると見ました。

▲サブノジュニア

東京盃ではコパノキッキングの更に後ろからの競馬で上り36秒1は優秀。そこまで流れていない中でも、内前有利な流れを外から追い上げて5着。持ち時計も十分重賞級ですし、ここでやれてもおかしくはないでしょう。

△ブルドッグボス

もう8歳馬ですね。しかしながら、天才の鞍上のエスコートで今年についても昨年よりも絶好調といえるような成績で今年も参戦。

前が流れるレースになると渋い差し脚でいつでも最後突っ込んできます。

昨年と同じようなローテーションでなおかつ成績は今年のほうが上。

よほどタフな馬場が得意なのでしょう。

注ジャスティン

前走はロスの無い競馬で辛勝。さらに激流になるメンバーであることを考えると少し怖いですね。

JBCレディスクラシック・JBC2歳優駿 最終予想

JBCクラシックやJBCスプリントについては、まだ天気も微妙なところがあり、天気や馬場を見ながら上記の予想をベースに最終結論をLINEで配信します。

また、LINEのベスハメでは、JBCレディスクラシックとJBC2歳優駿についても最終予想を配信しますので、是非無料登録を頂ければと存じます。

配信スケジュールは下記を予定しております。

11月3日12時00分~ JBCレディスクラシック・JBCスプリント 最終結論

11月3日16時00分~ JBC2歳優駿・JBCクラシック 最終結論

このLINEでは、地方競馬以外にも中央の最終レース予想も配信しております。

天皇賞秋の日はプロヴィデンス9人気を自信の◎にしたりといい予想も配信しておりますので是非!

ベスハメLINE登録はこちらから

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!