【NHKマイルカップ2020】NHKマイルカップを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はNHKマイルカップの予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

今年のNHKマイルカップは、レシステンシアがアエロリットやメジャーエンブレムと同様に強い牝馬の逃げ馬の称号を得るのかが注目ですね。あるいは、この世代は、阪神JF、朝日杯FS、桜花賞、皐月賞とすべて無敗の馬が勝利しており、このNHKマイルカップにも2頭の無敗馬が出走するので、この記録も継続するのか楽しみですね。

ブログっぽいことも書いていきたいと思います。

天皇賞春は、本命ダンビュライトで外してしまいましたが、地方交流重賞でGW楽しむことができました!かきつばた記念は、ノボバカラ本命2着で馬連的中、かしわ記念は自信のモズアスコット・ルヴァンスレーヴ切りで挑んだかしわ記念で本命アルクトスの4着。4コーナーでモズアスコットとルヴァンスレーヴが一緒に後退してきた時にもらった〜と思ったらそのまま4着でもはや神がかった4着でしたね。4コーナーでガッツポーズして伸ばした両手そのまま”いつも4着Tシャツ”の袖に手を通しました。兵庫チャンピオンシップはこれからですが、人気馬を切っているので果たして・・・(地方競馬の最終予想は下記LINEにて配信しておりますのでこの機会に是非友達登録をお願い致します。

LINEの友達登録はこちら

そして、5月は、BEST BUY検討委員会で、1か月3万円馬券生活という企画をしております。目的は、競馬を人生の一部にする為、自分自身が長く競馬と付き合えるよう、1ヶ月使える予算をファイナンシャルプランナーが提唱する理想的な家計の支出バランスから算出した予算で、競馬をやりくりするという社会実験を自分自身実践しております。

1週目は+18,140円のプラス収支で、地方競馬で1000円負けましたので、現在+17,140円。

あくまで目的は1ヶ月予算3万円で競馬と長くお付き合いする為のルーティンや考え方、馬券の戦略をアウトプットすることなので、全く嘘偽りないですし、全ての購入履歴をスクリーンショットで開示しております。5月のこのG1シーズンを予算を決めて耐え抜き、競馬を楽しみ切ったノウハウは整理してどこかでご紹介できればと考えております。

そして、この生活における収益安定の根幹にあるのがBEST BUYやこの重賞分析です。2020年の回収率は下記の通りで、先週もスパーダの馬券で利益を確定させました。昨年も177%程度で、的中率も25%程度であった為、統計的に予想方法やレースの絞り方に再現性が出てきたかなと考えております。

これで満足している訳ではなく、皆様とBEST BUY検討委員会でもっといろんな議論をしてレベルアップしたいなと考えております!熱い勝負レースを準備する段階から、全員で全力で取り組んでいます。競馬を本気でしたいという方や競馬仲間が欲しいという方は是非ご参加ください。最高の仲間が揃ってます。さらに、競馬の大根おろし様にも参加頂いており、一日一善企画という企画をしており、複勝転がし企画のような企画で、ある目標に到達したらとあるイベントができますので全力で取り組んでおりますので、こちらも是非お楽しみにして頂ければと存じます。

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

それでは、NHKマイルカップの予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

NHKマイルカップ2020 特別登録馬

今年のNHKマイルカップの見どころは無敗世代らしい、無敗対決に強い牝馬世代と強い牡馬世代の激突というところでしょう。

無敗対決といえば、毎日杯を強烈な末脚で勝利し、良馬場になれば更に切れるといわれているサトノインプレッサ、加えて3戦3勝のルフトシュトロームでしょう。この2頭が面白いのがやはり矢作厩舎VS堀厩舎というクラシックでもすでに無敗対決をしている厩舎の再戦であるということ。

この2頭に加えて、短い距離ならG1級の走りを見せているタイセイビジョン、そして牝馬を代表して2歳マイルレコード持ちのレシステンシアの参戦です。レシステンシアからは牝馬の強い逃げ馬、アエロリット、メジャーエンブレムとどことなく同じような匂いを感じますし注目ですよね。いや、これだけ書いても面白い一戦になりそうです。

馬名
ウイングレイテストスクリーンヒーロー
$オーロラフラッシュFrankel
ギルデッドミラーオルフェーヴル
サクセッションキングカメハメハ
サトノインプレッサディープインパクト
シャインガーネットオルフェーヴル
シャチリアルインパクト
ジュンライトボルトキングカメハメハ
ストーンリッジディープインパクト
スマートクラージュディープインパクト
ゼンノジャスタジャスタウェイ
ソウルトレインレッドスパーダ
タイセイビジョンタートルボウル
ニシノストームリーチザクラウン
ハーモニーマゼランダイワメジャー
プリンスリターンストロングリターン
ボンオムトゥッククロフネ
メイショウチタンロードカナロア
ラインベックディープインパクト
ラウダシオンリアルインパクト
ルフトシュトロームキンシャサノキセキ
レシステンシアダイワメジャー

NHKマイルカップ 外厩情報

先週もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発し、昨年のNHKマイルカップでも1~3着がすべてノーザンファーム外厩育成馬と、今年もこの情報は仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練されたNHKマイルカップ出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

NHKマイルカップを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

持続力勝負となったマイル重賞の好走実績馬の巻き返しに注目

NHKマイルカップは、東京1600mで開催されるレースであり、1ターンの直線距離が長いレースであり、重賞級のレースになると全体時計も非常に速く、高いスピードとその持続力を求められるコースになります。

過去10年のラップを見てみましょう。

全体時計では、3歳マイル王決定戦であり、ここ4年連続で1.32秒台と高速決着が続いており、前半5Fは近4年では57秒台、前半3Fは34秒4が平均的な時計で、なおかつ中間ラップが12秒を超えるような時計で緩むことも少ないです。このようにテンのスピードが、中間ラップも緩まずに持続し、さらに直線でも速い末脚を求められるので、12秒以下の時計を8F常に持続させる持続力が必要なレースであることがいえます。

このような高速時計の持続力勝負になると内枠が有利になるのは、物理的に走る距離が短く、1秒あたりに進む距離も長いので物理的に避けられないので、実力がなくても内枠から大穴の馬が飛び込んでくることは往々にしてあります。過去10年で4頭が馬券に入り、複勝回収値が203円。該当馬は、タガノブルグ、キングズオブザサン、リアルインパクト、ダイワバーバリアンの4頭になり、リアルインパクトを残せば明らかに枠の利を生かしての激走であることがわかります。また、2枠〜4枠で5勝しており、回収値も高めなので、このようなレースラップになると枠は意識しておきましょう。

話を戻しまして、このNHKマイルカップが桜花賞や朝日杯FSと似たようなレースになることが多いのは、阪神1600mコースもワンターンのマイルで、ペースも流れ、上がりは33秒台が求められるというレースになるのは、番組構成上1200~1400m路線で賞金加算した馬も多数出走することからペースが流れやすいという要素が大きいでしょう。その為、過去朝日杯や桜花賞、そして似たようなレースになるアーリントンカップで好走した馬がこのNHKマイルカップで好走した馬が多数おりますので、持続力勝負で好走結果がある馬についてはしっかりとマークが必要です。

ここで重要なのは、”持続力勝負”となったマイル重賞実績馬ですので、例えば中間ラップが極端に緩んだ瞬発力勝負になったG1好走馬は、適性がずれるので、危険です。簡単に見極める方法としては、前傾ラップのG1級レースで好走できたか否かを見極めるのがいいでしょう。

昨年負けた桜花賞レコード勝利したグランアレグリアは、レコードタイムで持続力勝負になっているようですが、桜花賞は馬場が異常によく、さらに前半後半3ハロン差2秒1の極端な後傾ラップでした。一方でグランアレグリアが破れて、アドマイヤマーズが勝利した朝日杯FSは0秒9の後傾ラップレースでしたが、残り4ハロンからのロングスパート勝負になった持続力勝負戦でした。

そのような持続力勝負に実績のあるマイル重賞好走実績馬は、多数好走しておりますので、注目です。ここではターゲットの瞬発力勝負か持続力勝負かを確認する指標であるRPCI55を基準として、抜粋したいと思います。

2019年

1着 アドマイヤマーズ(朝日針FS1着

3着 カテドラル(アーリントンカップ2着

2018年

1着 ケイアイノーテック(朝日杯FS4着、NZT2着

3着 レッドヴェイロン(アーリントンカップ2着

2017年

1着 アエロリット(桜花賞5着、クイーンS2着

3着 ボンセルヴィーソ(NZT2着

上記以外にもメジャーエンブレムやレインボーラインも近年では持続力勝負となったマイル重賞で、なおかつ展開面で負けてしまったという馬に巻き返しが多いのがNHKマイルカップになりますので、戦歴についてはきっちり分析が必要ですね!

1800m以上の重賞実績馬に注目

上記の通り、NHKマイルカップは高速時計かつ持続力勝負になりますのでマイルレースといえどもスタートからのスピードを持続させて、末脚も持続させる必要があります。近年の東京競馬場は高速化が進み、その傾向がさらに加速しておりますので、注意が必要ですね。特に青葉賞では、青葉賞レコードの2分23秒0が出て、外差しという状況は、ダービーでよく見られる、追走も速いながらも溜めが必要で最後に末脚を発揮できるという強い馬の強い競馬が求められる馬場です。

NHKマイルカップでもこの3年ではわかりやすいくらいにそのような傾向が出ています。

2019年

1着アドマイヤマーズ(前走皐月賞

2着ケイデンスコール(前走毎日杯

2018年

2着ギベオン(前走毎日杯

2016年

2着ロードクエスト(前走皐月賞

2015年

1着クラリティスカイ(前走皐月賞

2着アルビアーノ(前走フラワーカップ

3着ミュゼスルタン(前走スプリングS

上記では重賞実績馬を紹介しましたが、重賞以外でいえば、カテドラル、レッドヴェイロン、レインボーラインもおりますし、過去5年では1800m以上の距離実績のある馬が馬券になったほとんどになりますので、非常に注目が必要な戦歴といえるでしょう。

クラシックには中距離レベルの一線級相手とは力負けしてしまった馬が、本来の距離に戻し、なおかつローテーションの中でスタミナを培われてNHKマイルカップで激走するというのが近年のトレンドなのかもしれませんね。

ヴァイスリージェント系とストームバード系に注目

NHKマイルカップが中間ラップの緩まないレースになるのは、1400mからのローテーションの馬も出走することが多いので、テンから飛ばすことが多く、テンのスピードを最後まで持続させるアメリカ的な要素が求められるということは上述の通りです。このようなレースで好走が多いのはアメリカ血統です。

まずはNHKマイルカップの過去10年の種牡馬別成績をまず見てみましょう

メジャーエンブレム、アドマイヤマーズ、カレンブラックヒルの3頭の活躍で、ダイワメジャー産駒が3勝でトップ。日本のG1でもここまで持続力を求められるレースは3歳マイル戦しか番組構成上はないので持続力が武器のダイワメジャー産駒の好走が目立つのでしょう。さらにいえば、ダイワメジャー産駒で逃げ馬になればボンセルヴィーソ、メジャーエンブレム、カレンブラックヒル、フラムドグロワールと信頼性が高いですね。

また、高速決着・上がり勝負ですとディープインパクトも当然のように強いですね。先日の天皇賞春でもディープインパクト産駒のフィエールマンが勝利と全く勢いが落ちないですし、距離融通もありすごい種牡馬です。昨年こそ4着・5着でしたが、一昨年も1着ケイアイノーテック、2着ギベオン、5着プリモシーンがディープ産駒でしたね。

もう一頭の日本競馬の主流であるキングマンボ系はいかがでしょうか。

ロードカナロア産駒が2着1回、キングカメハメハが3着2回とそこまで好成績ではないことは、やはり中間ラップが緩み、直線でのスピードを求められるようなレースで強いのがこのキングマンボ系の真骨頂なので、この持続力を求められるレースではイマイチなのかもしれませんね。ただし、ロードカナロア産駒については、母数が少ない中でも2着1回とこれから期待できそうです。それもそのはず。ロードカナロアには、日本のトレンドとなるアメリカ血統であるストームバードがあります。キズナもそうですが、このストームバードというアメリカ血統を持つと仕上がりが早く、持続力勝負にも強くなりますよね。そういう意味でもロードカナロア産駒やキズナ産駒については今後も注目が必要です。

話をNHKマイルカップに戻して、このレースの注目血統は、アメリカ血統になります。

特にヴァイスリージェント系と先ほどちらっとお伝えしたストームバード系です。

NHKマイルカップは、中間ラップが全く緩まない持続力勝負になるので、この2つのアメリカ系の血統が重要血統になります。アメリカ血統がこういうレースが得意なのは、本場アメリカが平坦コースでスタートしてからガンガンペースを上げて、そのスピードを維持するレースが多いので、そういうレースに勝てる馬を作る為にアメリカ血統は持続力勝負に強いことが多いです。毎年のようにこの2大血統が好走しているので注目してみましょう。クロフネ産駒の活躍が多いのもこの米国系の血統がテーマになるからでしょう。

2019年

アドマイヤマーズ(母系にストームバード

ケイデンスコール(父ロードカナロア

2018年

ギベオン(母系にヴァイスリージェント)

2017年

アエロリット(父ヴァイスリージェント系

リエノテソーロ(父スパイツタウン母系にストームバード)

2016年

レインボーライン(母系にヴァイスリージェント

2015年

クラリティスカイ(父ヴァイスリージェント系

アルビアーノ(父ストームバード系

ミュゼスルタン(母系ヴァイスリージェント系

2014年

タガノブルグ(父ストームバード系)

上記以外にも米国系の母系を持つケイアイノーテックなども好走していることからも、大注目の血統になります。このように毎年のように好走馬が出走しておりますので、この2大アメリカ血統は是非覚えておきましょう!

それでは、この3つのことを中心にして、有力馬の分析をしたいと思います。

【PR】HORIZON

━━━━━━━━━━
◎治世ノ能臣 乱世ノ奸雄
━━━━━━━━━━
本命線(治世)は堅く小点数厚張り
荒重賞(乱世)は本命絞り人気薄追加
そんな馬券師がここにいますね?! 僕が競馬うまい人につけるあだ名なんです(笑) 虎牢関の戦い~五丈原の戦いまで全レース負け知らずみたいな! 荒れるレース(乱世)を スマイルカナ、ガロアクリーク、そしてスティッフェリオを入れてG1無料情報3連勝! そして泣いて馬謖を斬る→→先日も・・・スカイグルーヴいれてません! ここの馬券師さんは白眉か?!三国志に例えるならこんな買い目なんです。冗談はさておき、実際検証したところ・・・桜花賞・皐月賞そして天皇賞的中!重賞3連複無料公開情報で連勝。
━━━━━━━━━━
桜花賞3連複14点400円
→50360円回収率899%
皐月賞3連複14点400円
→36600円回収率653%
天皇賞3連複10点500円
→67500円回収率1350%

━━━━━━━━━━
ちゃーんと証拠画像とってあります!

━━━━━━━━━━
ここは熱いかもしれません!今週末は危急存亡のNHKマイル!からのダービー、宝塚まで連戦続き。レシステンシア、サトノ、タイセイでいいんですかね?!ラインベック、プリンスリターンあたりは?!何をどこまで買うかいつも迷いますよね?!まーーたスティッフェリオ11人気のように人気薄も食い込んできますよね?!ここが抑える人気薄は見ておくべきですね。 4連勝きちゃいますよね?!

NHKマイルカップ無料予想はこちら
NHKマイル3連複無料公開
前日夜に3連複は無料公開されるのでここの予想は要チェックです。
※毎週競馬好きと遼来来キター!とか会話してて。。例えが下手ですいません。 でも多々予想サイト見てる中このG1無料公開3連勝してるとこはなかったのでおすすめです。

NHKマイルカップ 有力馬分析

いつもは全頭分析をしているのですが、時間の都合上で、有力馬4頭の分析にし、その他の買いたい馬は最終予想にてアップしたいと思います。

レシステンシア

前走桜花賞は前半3ハロン34秒9という速い流れで先行策して2着と非常に強い競馬。やはり自分の形にもっていけば相当強い。

さらに世代のレベル的に考えても、サリオス・コントレイル以外の牡馬は、ほかのローテーションを見ても少しだけ物足りないのも間違いありません。実際に、シンザン記念、ファルコンステークスといった短距離路線では牝馬が勝利しており、ニュージーランドトロフィーも牝馬が2着ということでこのマイル路線に関しては、牡馬よりも牝馬優勢と考えるのが必然です。その牝馬のマイル路線でも圧倒的な走りで阪神JFを勝利したのがレシステンシア。自分で作った逃げた時計で阪神JFでレコード、上り最速と朝日杯FSのサリオスよりも速い時計だったことを考えると、良馬場の高速時計で走れば3歳マイルでは敵なしのようにも思えます。ただし、NHKマイルカップはそのような牝馬であったグランアレグリアが昨年敗れたこともあるので、そんなに簡単なレースではありません。メジャーエンブレムやアエロリットになれるのか、詳細分析をしていきたいと思います。

まずはNHKマイルカップでは持続力勝負になるので、持続力勝負になった重賞マイル実績が重要になるレースです。

そういう意味ではこのレシステンシアは、新馬、ファンタジーS、阪神JFとすべてが前傾ラップの持続力勝負戦に持ち込み、ほかの馬が伸びる要素を無くした逃げを打つ肉弾戦を得意とするタイプであり、近年のメジャーエンブレムやアエロリット、名馬級でいえばキタサンブラックのような逃げを打つタイプです。前走こそ重い馬場で最後は脚がありませんでしたが、良馬場になればなかなか止まらないのがこの馬です。

逆に緩んだ時には瞬発力がないので、脆いのはチューリップ賞でわかりました。前半遅くとも34秒台でレースを進めることがこの馬の能力発揮の絶対条件でしょう。そういう意味では今の東京競馬場は1勝クラスでも1分32秒台のG1級の時計が出るすさまじい高速時計。このレシステンシアは左回りこそ経験がありませんが、さすがに向きそうですね。NHKマイルカップで重要な1800mの実績はそもそも経験していないのですが、マイル実績で十分適性を示しているといえます。血統的にもこのレースで強いダイワメジャー産駒。米国系の血統こそありませんが、メジャーエンブレムと同様にサドラーズウェルズ持ちのダイワメジャー産駒であるので、十分好走血統といえそうです。

ただし、輸送で馬体が減る可能性が高いのでそこらへんはしっかりと見極めて馬券を買いたいですね。

タイセイビジョン

牡馬で唯一このマイルローテーションに集中して虎視眈々とこのタイトル獲得に向けて準備をしてきたタイセイビジョンは重賞2勝馬で間違いなく有力候補。これまでは気性が悪く、暴走しがちでしたがついに前走で完全に控える競馬で折り合いができるようになり、内から抜け出す力が違う勝ち方をしてくれました。

持続力勝負でのマイル実績ですが、この馬もレシステンシアと同様に前掲ラップになり流れたほうがいいタイプです。というのも気性に難があり、緩むと暴走してしまいますので、最後にこの馬の武器である末脚を出すにはある程度折り合いが必要です。そういう意味でも前走のアーリントンカップは前半34秒1後半36秒7と極めて前傾のレースかつ、先行馬が残るような高速馬場であっても4コーナー9番手から差し切る強い内容。さらに馬場も悪くなっていてほかのレースでは伸びていなかった内で伸びていたところを見ると能力は2枚は上でした。やはり持続力が求められるレースになれば非常に強いですね。さらにレシステンシアと比較して、東京での京王杯で勝利実績があり、この内容がレコードであったことも考えると左回りのほうが得意な可能性もあります。レコード勝利の馬場を差し切る内容は非常に評価してもいいでしょう。

ただし、血統的にはタートルボウルにスペシャルウィークやエルコンドルパサーという血統であり欧州系の血統であり米国系なし。タートルボウル産駒はスプリント血統なので、1800m距離実績も求められるようなレースであるため、そこがどうかなという疑問があります。

ルフトシュトローム

堀厩舎が皐月賞に続いて送り出す3戦3勝のニュージーランドトロフィー優勝馬で、ダミアン・レーン騎手騎乗のルフトシュトローム。

前走こそスタートから出負けし、4コーナーで大外に膨れた中でも1分33秒0とかなり速い時計で勝利したのは実力の証。デビューが年明けと遅くになりましたが、春のG1に間に合うあたりは素晴らしい素質ですね。

負けていないが故に、どの条件で好走するのかがわかりにくいのですが、中山で3戦3勝。ニュージーランドトロフィーでは持続力勝負の中、外に振られても差し切る内容は非常に充実している内容でした。前でも後方からでも競馬ができて、全レース上り最速は非常に優秀です。血統的には、母系がウインドインハーヘア一族の超良血馬であり、姉にはアロハリリーといった中長距離系の母系ですが、そこに父系の良さを引き出す母父キングカメハメハの効力によりキンシャサノキセキの持続力が備わっているのかもしれません。この母系で高速馬場適性がないはずないでしょう。ただし、マイル以上のレースで好走できるキンシャサノキセキ産駒はガロアクリークもそうですが、中山で好走実績が集中しているように思いますので、注意ですね。

サトノインプレッサ

ルフトシュトロームと同じ無敗の重賞馬であるサトノインプレッサを送り出すのが矢作厩舎。これもコントレイルvsサリオスの再戦のような位置づけで盛り上がりますね~!母サプレザは欧州の名品であり、日本のマイルCSでも3,4,3着と崩れない走りを見せてくれた馬で有名ですよね。その息子らしくデビューしてから3戦はすべて渋った馬場で勝利なので欧州系の血統の強さが出ているように思いますが、あの末脚を見ると良馬場ではもっとキレそうな感じもしますが、こればかりは走ってみないとわからないです。

さてそれでは、戦歴を分析してみましょう。

まず持続力勝負になったマイル戦についてですが、新馬からここ3戦や重い馬場でのレースであり、非常に判断が難しいのですが、京都の新馬戦はスタート後の1ハロン以降は緩み知らずで極端な後傾ラップでもありませんでした。2戦目こそ少頭数レースで緩んだ後傾ラップレースになりましたが、負かした相手はアーリントンカップ2着のギルテッドミラー。持続力勝負に加えて、緩んだ瞬発力勝負でも、差し切る内容は評価したいです。

そしてこの馬の評価を一気にあげたのが毎日杯ですね。1800m重賞でNHKマイルカップ好走馬もここをステップにして参戦することが増えているのですが、重馬場で35.4-36.2と上りのかかる持続力勝負になりましたが、前半5Fは59.6という時計でしたのでタフな展開であったことは間違いないでしょう。そのような展開の中で、上り3ハロンは2位の馬と比較して0秒4速く、レースラップと比較すると0秒9速いので1頭だけ桁違いの末脚で勝利したことになります。相手も重賞で2着が続いていたアルジャンナでしたし、そんなに弱い相手でもありませんので、この馬の実力を証明したといえるでしょう。血統的にはサプレザの子供なので、欧州系の色が強く好走血統とは少し離れているのが気になるところではありますが、母はマイルCSでも3着経験あり、日本競馬適性もあった馬なのでマイル重賞の適性は高い1頭ですね。

NHKマイルカップのBEST BUYな1頭

NHKマイルカップを予想する前に知っておきたい3つのことは下記です。

・持続力勝負のマイル重賞実績馬

・1800m好走馬

・米国系血統

これらを考慮して、悩みに悩んだNHKマイルカップのBEST BUYな1頭はYoutubeにて配信予定ですので、是非チャンネル登録を頂ければと存じます。好き放題語っておりますので是非ご視聴頂ければありがたいと思います。

チャンネル登録はこちら

【PR】競馬の大根おろし × BEST BUY検討委員会

K-BA LIFEが2020年もっとも力を入れているのが”BEST BUY検討委員会”。

この検討委員会の中で、競馬の大根おろし様とのコラボ企画である”一日一善”を配信しております。記念すべき企画では高松宮記念の後の最終レースでパイセンと大根おろし様の本命馬が被ったのでそのレースにBETしたら・・・

ヴィクトリィ~でしたね。大根おろし様と先週相談したのは、スーパースター田中勝春騎手を本命にして、2.3倍の複勝を仕留めました!これで積んだ徳は5万円超。ここから一気に10万円勝負までもっていきたいですね!

そして、BEST BUY検討委員会ってなんやねん。って思われた方は下記にご紹介致します。

競馬を楽しみ、人生を楽しめる人々が集まり、本気の勝負レースを全員で配信し、狂喜乱舞するという大人の社交の場です。全員の勝負レースが一致するMUST BUYを追い求め活動しております。 コンテンツは下記ですし、常にみなさまの需要に沿って活動しております。

私がBEST BUY検討委員会で紹介しているBEST BUYの回収率は2020年で、下記の通りで173%です。毎週厳選1鞍BEST BUYで3週連続的中しており、マイネルサーパス、ディキシークイーン、スパーダと全て5倍付近の馬を厳選しておりますので回収率はかなり安定しております。去年も年間通じて177%でしたので、考え方は間違っていないなと考えております。

皆様とBEST BUY検討委員会でもっといろんな議論をしてレベルアップしたいなと考えております!熱い勝負レースを準備する段階から、全員で全力で取り組んでいます。競馬を本気でしたいという方や競馬仲間が欲しいという方は是非ご参加ください。最高の仲間が揃ってます。

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

 

最終勝負レースコンテンツ”FINAL BEST BUY”