【中央競馬予想】宝塚記念2016【怪物の為のドリームレース??】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

ドリームレースが始まりますね!

サラリーマンの私は、給料日後のG1ということで少し入れ込んでおりますが、ここで給料を2倍にする勢いで勝負していきたいと思います。

宝塚記念は、関東に住んでいる時も、関西に住んでいる時も毎年参戦している大好きなレースです。

この非根幹距離のG1は、他のレースにはない紛れが沢山ありますし、圧倒的な1番人気の馬でもパワーが求められる阪神競馬場では辛酸を舐めるシーンがよくあります。

思い出のレースは、ディープインパクトの宝塚記念ですが、当時から非根幹距離ハンターであった(誰もいってない)私は、ディープインパクトとバランスオブゲームの二頭立てと踏み、二頭の馬単、三連単、三連複を買えるだけ購入し、ナリタセンチュリーを切るという愚行をしてしまいました。

 

ディープインパクト バランスオブゲーム

 

今年は、そんなことしないようにやりますよ。

 

相手総流し。

 

では、今年の宝塚記念を予想したいと思います。

 

宝塚記念2016

 

馬場の確認 馬場は、間違いなく重いです。

梅雨ということもありますが、関西は週中雨が降り続けています。

さらに阪神競馬場ということもあり、時計のかかるパワーのある馬に注目が必要となります。

過去でいいますと、ゴールドシップが出走していれば、スタートしっかりすれば、このメンバーでも圧勝していたと思うくらいのパワー馬場です。それくらい時計のかかるパワーの必要な馬場になります。そう言ったことを考えると超高速時計で実績のある馬よりは、タフなレースや非根幹距離で実績のある馬を中心に狙いたいと思います。

ドリームレースなので、予想も丁寧にしたいと思います。

ショウナンパンドラ、ヴィルシーナ、デニムアンドルビー、マウントシャスタ、ローエングリン、スイープトウショウ

これらの馬を聞いてハッとした人はいますか?? これらの馬が宝塚記念に好走した理由は内枠と斤量です。

全体的に少頭数が多い宝塚記念でありますが、タフなレースになればなるほど内枠と斤量が勝負の行方を担うことが多いです。

最近は、内枠牝馬は絶対に見逃してはいけないです。

どこかで聞いたことがあると思えば、凱旋門賞もそのような傾向ですね。(ご参考:凱旋門賞の傾向と対策

タフな馬場であるほど最後の最後に枠と斤量が物を言います。オルフェーヴルが最後に力尽きたのも外外を回し続けたことと、重い斤量だと考えてます。

今年の宝塚記念は、斤量の軽い牝馬は、外枠になりましたので、内枠の馬の評価をしていきたいと思います。

特に天才横山典弘の手によって脚質に幅が出たアンビシャスや内枠なら見逃すことができないキタサンブラック、脚を溜めて弾けさせたいシュヴァルグラン、ラストインパクトなどには、要注意ですね。

 

血統

先ほど説明しましたが、雨で重い馬場となっているタフなレースで大切なのはやはり血統です。

血統としての重視するポイントは、下記です。 ステイゴールド産駒は今年出走していないので無視します。

①ディープインパクト産駒は、母系に欧州スタミナ系や米国パワー系

②父は、ミスプロ系あるいはトニービンがベター

これらを考えると注目馬は下記です。

アンビシャス

母系のエルコンドルパサーが光ります。距離不安はありませんよ。ミスプロの米国パワーとサドラーズウェルズで欧州スタミナ系を踏襲しています。

カレンミロティック

ハーツ産駒のトニービンがいいですね。母系もアメリカの三冠馬シアトルスルーから受け継ぐパワーのある血統です。タフなレースならこの馬ですね。

サトノクラウン

母系のミスワキいいですよ!タフなレースで真価を発揮する血統ですので、この舞台がいいのかもしれません。

サトノノブレス

ディープインパクトの母系にトニービン。母系が少し弱い感じがしますが、抑えていても損はないと思います。G2王のような個性も宝塚記念好走馬の条件ですので、非根幹の強さを見せつけて欲しいですね。

シュヴァルグラン

父にトニービンをもつハーツクライに、母はミスプロの血が強いマキャヴェリアン系。ステイヤーのような血統構成ですが、ハーツ産駒はサンデーサイレンスの血がありますので距離短縮不安はありません。タフなレースにもってこいの馬ですね。

タッチングスピーチ

ディープインパクトと欧州名血サドラーズウェルズ。アンビシャス同様こういう重い馬場のタフなレースでは、買いな血統です。

ドゥラメンテ

日本競馬の歴史が産み出した芸術的な血統です。父はダービー馬キングカメハメハ。勿論キングマンボ、つまりミスプロの血が色濃いパワーとスピード。母系には、トニービンの欧州スタミナ血統と日本の名牝系が勢揃いのエアグルーヴ、そしてスピード、キレの全てを兼ね備えたサンデーサイレンス。どんな舞台でも力を出せる血統ですね。特にキングカメハメハの母マンファスがノーザンダンサーであることもいいです。

マリアライト

ディープインパクトとエルコンドルパサー。血統だけでアンビシャスやタッチングスピーチを買う人でこの馬を買わない人は少し競馬を勉強した方がいいと思います。今回は枠が外すぎるので実に惜しい馬です。一発チャンスありました。

ラストインパクト

ディープインパクトにダート血統の血筋。ジャパンカップで本命としたように渋った馬場でもある程度スピードが求められるレースに絶大な信頼があります。枠もよく要注意です。

 

展開

展開は、キタサンブラックとカレンミロティックが引っ張る非常にゆるいレース。捲る馬は、おそらくトーホウジャッカル。その後ろにラブリーデイが好位差しを狙うというところは、見えています。注目のドゥラメンテは、少し後ろ目からの競馬となるでしょう。

キーとなるのは、この二頭の動きです。非常にタフな馬場ですので、ゆるいペースでも思った以上に厳しい展開になることはよくあるのですが、

こういう馬場で突っ込んでくるのは、キレに秀でたタイプよりは、パワーに優れた馬です。過去の泥んこ馬場の宝塚記念を思い返せばヒントはあるかもしれません。一番最初に思い浮かぶのは、ゴールドシップ。また、オルフェーヴルとルーラーシップのようなタイプも非常にいいですね。

 

ローテ

海外勢の下記馬が大きく判断を迷うところです。

ドゥラメンテ、ラストインパクト、ワンアンドオンリー、ラブリーデイ、サトノクラウン

これらの馬達は、外厩でしっかりと仕上げておりますが、海外勢よりは、下記の宝塚記念ローテ組を重要視したいですね。

アンビシャス、ステファノス、サトノノブレス、マリアライト、タッチングスピーチ

 

予想

皆様の夢は何ですか?

私の夢は、

 

◎アンビシャス

 

枠よし、血統よし、展開よし、ローテよし。今年の宝塚記念はアンビシャスから。

全く不安点がありません。クラシックを早くから捨て、天皇賞秋に参戦したのもその中距離適性から。

中山記念では怪我明けとはいえ、皐月賞で鬼のような強さを見せたドゥラメンテに首差。ドゥラメンテが絶好調であればという声もありますが、実際ドゥラメンテは今回も絶好調ではありませんし、アンビシャスは、中山記念と比較したら大きな上積みがあります。

さらに、老舗の辻牧場と近藤妻のホットラインも見逃せません。

 

○マリアライト

血統的、斤量的には、この馬が面白い。外から包まれなければ、有馬記念のようなレースに期待したいです。

 

▲ドゥラメンテ

日本の怪物ドゥラメンテ。勝ってくれなければ日本競馬が盛り下がるとまで言われる馬にはそれだけの能力があります。

今回は、非根幹距離での適正や枠、ローテから本命にはしませんでしたが、目が離せません。

 

△ラブリーデイ、ラストインパクト

注タッチングスピーチ、サトノノブレス、シュヴァルグラン、サトノクラウン

 

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!