• HOME
  • Home
  • WIN5
  • 【第2回】予算低めのWIN5&平場予想【みやこS・アルゼンチン共和国杯】

【第2回】予算低めのWIN5&平場予想【みやこS・アルゼンチン共和国杯】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

ダビマスもぼちぼち飽きてきました(嘘です。行動ポイントが無くなりました。)ので、WIN5の予想をしたいと思います。

 

今回で、第2回。一体何回目で的中できるのでしょうか。

予算を3600円と低めで設定していますので、厳選につぐ厳選で勝負するしかありませんが、一度決めたことですので、当たるまでやり続けます。

 

傾向や事前情報については、下記で紹介しておりますので、参考にしながら予想します。

 

【第2回】3,600円でWIN5【みやこS・アルゼンチン共和国杯 事前予想】

 

第2回 WIN5

晩秋ステークス

東京ダート2100mのレース。

ダート2100mは、日本でも有数のタフなレースでありながらも、バシバシと捲りが決まる特殊なコースです。

上がり三ハロンのタイムにも注意したいと思います。

 

展開としては、ダイワレジェンドが引っ張る展開であり、差し馬有利になる想定。

 

レッドサバスは、前走異次元の末脚を発揮したものの、レースレベルとしては、メイショウヒコボシの勝利したレースの方が

ラップも締まっておりハイレベル。そのハイレベルレースを引っ張った馬がダイワレジェンドですので、今回も同様の展開になると想定。

 

その中でも際立っていた脚を見せたのが、スリータイタンでした。レッドサバスよりは、スリータイタンを評価します。

 

相手は、中谷騎手からルメール騎手代わりのモズライジン。この二頭からWIN5は勝負したい。

 

買い目:5、10

 

長岡京ステークス

土曜日の芝は、圧倒的にディープインパクト産駒が優勢のレース。

さらに、内枠が優勢であり、極端なポジションよりも先行・差しあたりの無難なポジションからの馬が勝ち上がる馬場。

そうなると本命は、オースミナイン。往年の切れ味はないかもしれないが、血統・相手関係・枠と全てが恵まれた。

1点で勝負したいと思いますが、如何せん連闘。さすがに勝ち切るのは難しいと判断。(いつもの複勝勝負なら間違いなく全力)

ここは勝ち切る馬が必要ですので、このコース好相性のスクリーンヒーロー産駒のグァンチャーレ、前で粘り強い脚を持つルグランフリソン。

この2頭で勝負します。

 

買い目:6、8

 

みちのくステークス

福島は、前です。もう前を狙うしかありません。

トウショウピストだけが不明ですが、馬場的に福島適正あるのか?というところで、

絶対に前に行けるハッシュと血統的に支えのあるゴールドペガサスとしました。

 

買い目:7、10

 

アルゼンチン共和国杯

21世紀の出世レースとなったアルゼンチン共和国杯は、もう目黒記念の延長戦のような特殊コース適性のある馬だけがくるわけではありません。

今後のG1戦線を勝てるレベル、格のある馬が勝利します。

 

大注目は、G1制覇をヴィブロスで果たし、勢いに乗る佐々木オーナーの2頭。

 

シュヴァルグランは、天皇賞でも上位、ヴォルシェーブは、復帰戦を圧勝。馬主として飛躍できる最大のチャンスを掴みに来ているように思います。

 

では、予想に移ります。

 

アルゼンチン共和国杯は、前半1000mが遅くなり、後半の3ハロン勝負になりがちなレースです。

過去10年でも勝利馬は、末脚自慢の馬ばかり。ゴールドアクターも重馬場で勝利し、コテコテのスタミナホースのように見えていましたが、

この馬は、日経賞で究極の上がり勝負を制していることから、実質中距離馬です。さらに、トーセンジョーダンやルルーシュやスクリーンヒーロー等の高速馬場での競馬が得意な馬も台頭していることから、シンプルに出走馬の中で切れる馬を買うのが正解です。

 

今年のメンバーで切れる馬は?というと、やはりシュヴァルグラン。日経新春杯での脚を使えれば問題ありません。

 

その次の馬はどうか。

 

ステイヤーレースで切れ味抜群に見せるアルバートやフェイムゲームは、やはり他の馬がバテていないと厳しいです。

スピード勝負になると全く勝負にならないので、前半1000mが速いタフなレースで買いたいですね。

上記2頭は、見た目以上に切れないので、他の馬から選びたいと思います。

 

そうなると夏の上がり馬で、ディープ産駒のモンドインテロに期待します。

ディープ産駒で切れ味はメンバー屈指。実力を出し切れるなら差し切れるはず。

 

買い目:1、11

 

みやこステークス

メンバーを見たところ激流必須だと思います。モンドクラッセと前で陣取るアスカノロマン。

この2頭に楽をさせては勝つことができないので、多くの馬が先行争いを繰り広げます。

さらに3コーナーあたりからラニが猛追の展開。コーナリングが下手くそですのでラニは2着までとして、

ラニが中途半端なお掃除をしますので、3コーナーからさらにペースが上がります。

中途半端な能力の馬たちはここで脱落していきます。

 

最初に脱落した馬たちの影響で馬群がばらけたところを追い込んでくると見越して、

期待したくなるのは差し馬のカゼノコとグレンツェント。(ラニはコーナーで遅れますので無視です。)

 

この2頭は上がり35秒台で差しを決めて来ますので、ロワジャルダンが勝利した時のように激流の中でのラッキーパンチを期待したいと思います。

そういえば、ロワジャルダンが勝った日は、社台の謝恩際だったとかなんとかでネットで話題になっていましたね。。

 

買い目:4、6

 

 

以上の32点で勝負したいと思います!

 

 

買い目

晩秋S 5、10

長岡京S 6、8

みちのくS:7、10

アルゼンチン共和国杯:1、11

みやこS:4、6


 

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!